アパレル業界に転身した同期

同僚の中でも、一番信頼できて仲の良かった同期が、退職を決意しました。もうずっと前から、違う業界で働いてみたいと言ってはいましたが、なかなか一歩踏み出せずにいたようだったので、そうなるのも先の事だろうと思っていました。

でも、それは突然やってきたのです。私に止められることも想定していたようで、地道に就活をしていたそうです。時々、お休みを取ったり、土日に忙しそうにしていることもあったので、何をしているんだろうと疑問に思ったこともありましたが、退職のことを聞いた時に、全ての辻褄が合いました。

今は、銀行で働いていますが、次の仕事はアパレル関係だそうです。大学時代、デパートの婦人服売り場で働いていた経験もあり、その経験を生かすことができる仕事に興味があったとのことでした。

私は、毎日決まった仕事をこなしているだけなので、そういった華やかな仕事がうらやましいと思いました。でも、そう思うだけで、実際に行動に移すのは難しいことです。だから、地道に転職活動をしていた同期のことは、心から尊敬します。

そして、配属が偶然にも私の自宅近くの街になったそうなので、休日にはお客さんとして会いに行きたいと思います。美人でスタイルも良いので、きっと素敵なアパレル店員さんになること間違いなしです。

ゆくゆくは、デザインに携わってみたいという夢もあるようなので、夢を追いかける友人を応援したいと思います。私も、見習って何か行動に移したいとも考えています。